結婚指輪でNGなものってあるの?

結婚指輪に決まりはない

結婚指輪の素材やデザインには、特に決まりはありません。日本ではプラチナの指輪が人気となっていますが、プラチナ以外の素材を選ぶ人も多くいます。デザインは、シンプルなストレートラインが人気ですが、女性のみ華やかなVラインやSラインを選ぶ人ということは珍しくありません。更に、彫刻が美しいハワイアンジュエリーを選ぶ人もいるなど、選ぶデザインも人によって様々です。
選ぶ時の決まりは特にない結婚指輪ですが、購入する時には、一生身につけていくことを意識しておくことが大切です。一時的に身につけるものであれば、好きなデザインを選ぶのも良いでしょう。しかし、いつまでも身につけていくことを考えると、派手過ぎずシンプルな指輪を選んでおくことがおすすめです。

結婚指輪に適さないデザイン

結婚指輪にはNGとなるデザインはありませんが、避けておいた方が良いデザインも存在します。それが、大きな宝石があしらわれているなど、見た目が派手なデザインです。仕事中に結婚指輪を身につけていても良い職場であっても、まるで婚約指輪のように派手なデザインの指輪の場合、つけたまま仕事をすることを認められない可能性が出てきます。更に、結婚指輪は職場以外でも冠婚葬祭など様々な場面でも身につけるものです。この時、派手すぎると身につけにくくなるので、極端に派手なデザインは避けておく方が良いでしょう。
シンプルなデザインを選べば、様々な場面で問題なく身につけることができるだけでなく、年を重ねても使い続けることができます。