挙式スタイルに合わせる指輪の交換

指輪交換は結婚式での大切な儀式

結婚式では、ふつう、新郎と新婦が結婚指輪を交換します。かつては教会式でのみ行っていましたが、最近は挙式スタイルを問わず指輪交換を行うのが一般的になっています。
結婚式のスタイルには、主なものに教会式・神前式・人前式があります。教会式はキリスト教式とも呼ばれ、近年ではもっとも一般的なスタイルです。神前式は神社で行われる伝統的な挙式スタイルで、基本的には親族のみが列席します。人前式は、神様に愛を誓うのではなくゲストに結婚の証人となってもらうという、比較的新しいスタイル。格式にとらわれず自由に行えます。
挙式スタイルによって、指輪交換の意味や雰囲気は変わります。それぞれ、どのように異なるか、見ていきましょう。

どう違う?挙式スタイル別指輪交換のポイント

教会式では、永遠の愛の誓いである指輪の交換は、大切な意味を持ちます。指輪交換の儀に入ると、リングボーイがリングピローにのせた指輪を運び、神父や牧師によって手渡されます。新郎、新婦の順で、互いの左手薬指に指輪をはめます。 神前式ではもともと指輪の交換はしておらず、近年になって取り入れられた演出ですので、指輪交換については厳格な作法はありません。巫女や神官が指輪を運んでくる場合もあれば、最初から神殿に供えてある場合もあります。和装に合わせ和風に作られたリングピローを使用することもあれば、リングケースにいれたままということもあります。交換は、教会式同様、新郎、新婦の順に行います。 人前式は、格式も決まりもないスタイルですので、それぞれのカップルで自由に内容をを決められます。指輪の交換をいつするかも自由ですので、よく話し合って決めるといいでしょう。